検索結果: : 地祭

7月 132010
 

今日から稲取はお祭りです。

前々から小出しにブログアップしておりましたが、
地元のお祭りですので、全くもって観光客向けではありませんが…

稲取のあちらこちらに提灯などの装飾、
雰囲気が出てますよ~☆

船もドレスアップ!

漁港に停めてある船も提灯を着けています。
夜になるとライトアップする船もあるので、
漁港はすごく良い雰囲気になります。

今日は稲取の中でも西町のお祭りです。

西町の神社といえば、三嶋神社!

今日はここから西町の若い衆達が御輿を出して
一晩中練り歩きます。

しかも、雨…

雨でもやるんですよ~!

更に詳しい情報はこちらからど~ぞ☆
http://event.inatorionsen.com/?cat=24
稲取イベントブログ、「稲取夏祭り」

7月 142010
 

6月の第一火曜・水曜に行われた、
天下の奇祭どんつく祭りhttp://event.inatorionsen.com/?cat=23
からもう一カ月以上経ちました。

早いですね~。。。

そして今、稲取は地祭りやってます!http://event.inatorionsen.com/?cat=24

そんな中、ちょうど他の神社に皆さん集中しているとの事なので
点検を兼ねてどんつく神社へ見周りに行ってきました♪

賽銭箱にゴミ…と思いきや?

いきなり飛び込んできたのは、ワンカップ。。
も~ゴミは賽銭箱に入れないで下さいよ~!
と思いきや、よーく見ると封の開いていないワンカップ!!

さらに足元を見ると、、

封の開いていないワンカップが2つも!

 

どなた様かお供え(お清め?)として持ってきて下さったんですね、
ありがとうございます!!

ということで、今度は警報機の作動チェック。

世の中バチ当たりの方が稀にいるようで、
寂しい事ですが、どんつく神社にも警報機が付いております。

まずは不審者の様に中に潜入!

 

いきなり爆音で警報機作動(笑)
もちろん各所へは点検中の旨報告済みです。

自分では解除できませ~ん!

爆音の中、そして周りのお客さんの視線の中
とりあえず神社内部もチェック。

お酒…

 

どんつく祭り以来、特に不審な事はとりあえずなさそうでした!
また来年のどんつく祭りまで、この神社の出番はあまりありませんが
子孫繁栄や夫婦和合、無病息災のご利益があるとされているこの神社へ、
そして立派なご神体もとても人気がありますので、
稲取へお越しの際は是非一度足を運んで見てくださいね☆

立派なご神体がお待ちしてます!

ちなみにこのどんつく神社は「愛恋岬」と併設していて
お天気などの条件がバッチリ合うと…

海一望です☆

 

大島を始め、利島・新島などの伊豆七島が一望できる
絶景ポイントの一つでもあるんですよ~♪

7月 052010
 

稲取では、毎年7月13日から5日間連続して地祭りが行われます!

この時は稲取中の若い衆をはじめ、男性陣が一日中御輿を担ぎ
ねりを叩き、稲取内を回ります。

観光向けではなく、本当の地元の祭りなので
あまりウェルカムな雰囲気ではないですが、
この時に稲取を訪れると各所でねりや御輿が出回っているのが
見られると思いますよ☆

この地祭りでは
●あかっぱら(どんつくでも出たお面さん)
●馬鹿ばやし(今度上海万博に出場します!)
●三番叟

も見られます!

今日はこの中でも先日練習風景を見させてもらった三番叟をご紹介します☆

今年の当番町は「東区」。
稲取は 西区・東区・田町区・入谷・水下区 の4つの区に分かれていて
地祭りになると毎年当番町(区)が変わります。

当番町の地区の小学生は毎年稲取八幡神社に奉納される
「三番叟」を担います。

三番叟の練習をしているという東の公民館へ行ってみると…

既に始まってた!!

教え手は知り合いの方々でしたが、子供達に教える表情や
素振りの真剣さは今まで見た事のない様子でした!

あまりにも真剣(というかまじめすぎて?)公民館へ入っても
誰だか分からない人もいました(笑)

子供達は小学校3年生と6年生だけで、

●千歳(舞い手)
●翁(舞い手)
●三番叟(舞い手)
●鼓
●太鼓

を練習します。
笛と拍子は大人が担います。

「翁」の舞いを教えてます。

傍らでは個人指導。

笛と鼓に合わせて三番叟が練習。

6年生が三番叟や翁、鼓などを練習しているなか、
ひょっこり3年生も!

この2ショットがとってもカワイイ♪

大きな声で口上を述べ、何だか感動してしまいます。

そして一旦休憩。。
子供達は今までの真剣な表情から一気に子供本来の顔に変わります。

休憩中はボールで遊ぶのが息抜きになるよう。

大人達の表情も和らぎ、緊張がほぐれる瞬間です。
そして休憩を終え、次は実際にお面を付けての練習!

よいしょっ

千歳がてててっとお面の入った箱を持ってきます。
箱がこの子に対してやたら大きいので、可愛さ倍増です♥

面を付けると一気に迫力が!

まずは翁がお面を付け、舞います。
このお面、口元が動くようになっていて舞いながら
声を出しやすくなっているようですね。

三番叟、カッコいい!

黒面とも呼ばれる、三番叟もお面を付けました。
迫力ありますね~!!

そしてキレのある舞いで、お面を付けると子供じゃないような
とても大人びた感じがします。

この様な感じで毎日約2時間、
40日間も休みなく練習するのです!

地域の大人が地域の子供に伝承していく三番叟は、
江戸時代から続く町の無形民俗芸能に指定されています。

この三番叟に出られる子供はある意味、貴重な体験ができて
うらやましいですよね!

この様な文化を稲取では今でも継承されているという事が
とてもステキなんです!!

14日まであと9日。。

本番は稲取八幡神社にて午前10時30分頃から奉納が始まります!
楽しみですね☆

そして更にステキなのが、

練習の終わりにはきちんと挨拶!

大人と子供、ちゃんと正座をして「ありがとうございました」の
あいさつをかわします。

なんだか「武」の心というか、上手く言えないですが
とても清々しい気持にさせられます!

そして、、、

蜘蛛の子を散らしたように(笑)

一気に走り出す子供達でした(笑)

6月 142010
 

稲取の地祭りが来月始まります。
稲取には

西町・東町・田町・入谷・水下

と5つの区域に分かれていて、
7月の上旬すぎ頃に各町ごとに若衆が中心となって
ねりを一日中叩いて各町を回ったりします。

西町の若衆

 

約一週間位この祭りは続くのですが、
その間の稲取の若衆はずっと祭り漬け!
仕事はもちろん休みですし、中には家に帰らないとか…

そんな中、田町の若衆にだけ受け継がれている
「馬鹿ばやし」
という踊りがあるのですが、この踊りは祭りの時にしか見られない
貴重な踊りで、無言踊りともいわれている踊りです。

お祭りの時は町中の色んなところで馬鹿ばやしを披露してくれます。

夜の馬鹿ばやし

 

ストリートダンスですね~!
ですがこの馬鹿ばやしはなんと無形文化財にもなっている
大変貴重な踊りなんですよ!

そして、先日稲取の方の結婚式に呼ばれて、
改めて稲取の素晴らしさを実感致しました。

結婚式でも!

 

結婚式でも新郎さんの仲間内で馬鹿ばやしを踊られていました!
この世代の馬鹿ばやしはとても好評だったという事もあり
本当に目を引きつけられる踊りでした。

実はさらにすごい事が…

現在中国で開催されている「上海万博」に、
静岡県の代表と言う事で、この馬鹿ばやしが出場することになりました!

8月20日に上海万博のステージでこの「馬鹿ばやし」を
世界に披露してきます☆