検索結果: : 山菜狩り

3月 142010
 

はい、この時期は山が燃えるのです!

え?どこの山かって?

それは、稲取の三筋山が燃えるのです!!天城ではありませんよ(笑)

普段の三筋山(細野高原)はこんな感じです…

ふかふかな感じ♪

この写真はちょっと青々していて初秋の頃です。
そして山焼きとなると…

焦げてます!

 

比較対象にしては写真の時期が違いますが…
少しずつ燃やしているようですが、
間近で見るとものすごい迫力なんですよ!!

ちなみに全体的にみると…

こんな感じです。

 

ちょっと分かりづらいかもしれませんが、
炎がライン上になって燃えています。
ちゃんと計算されているんですね~!

ちなみにこの全体的な写真を撮った場所は、
「浅間山」と呼ばれる小さな神社があるところから撮りました。

先客もいましたよー!

 

私の背丈ほどの鳥居の小さな小さな神社。
ここからだと、三筋山全体が見渡せるのです!

この山焼きは年に一度今の時期でお天気を見計らいながら1日がかりで行います。
地元の消防団や、稲取の4つの区の方々など、
その他大勢の人達が一団となり安全に行うのです☆
しかもこの準備って、秋から防火帯を作るなど
長い期間をかけて毎年行われる、一種の一大プロジェクトですよね!

山焼きを行う理由としては、
現在でも稲取の農家さんなどが萱を使用するという事で
ここにある萱場を守る…というか、害虫の駆除や周りの木々などが
入って来ないようにするためなのだそうですよ!
つまり、山焼きをする事によって毎年良い萱が取れるっていう事ですかね??

最近は生体系の維持(蛇が増えないように、とか…)という意味もあるそうですし、
山焼きのおかげで、春には山菜がたくさん採れるようになるそうです!

毎年4月の後半ごろには、ここで山菜狩りのイベントなども行われる予定ですし、
山焼きは稲取の生活にとって必要不可欠なんですね~。

山菜狩り、早く行きたいです♪