3月 222010
 

「もしかしたらなるかもしれねぇなぁ…」

先日行われたリーダー会議(観光合同会社の企画班の班長会議みたいな感じですかね)
で稲取にある「千年松がパワースポットになるかもしれない」
という情報がありました。

最近ちまたでパワースポットが流行り出しているということで
役場の人からも、何か稲取にパワースポットってないかなぁ?
と聞かれていた事をふと思い出しました。

ということで!

行ってきました「千年松」♪

千年松の場所は稲取の東区にある「八幡神社」の裏山にあります。
リーダー会議で提案した花月さんも一緒に来て下さいました☆
(ちなみに花月さんは和菓子屋さんです。そのお店の名前が「花月製菓」なんです)

とりあえず、八幡さま(八幡神社の事をたいてい皆そう呼びます)の中へ。
すると花月さんがまず案内してくれたのは

何か書いてある。

千年松ではなく、境内にあるひとつの建物へ。
これから行く千年松の事が、この中に書いてあるというのです。

右の真ん中あたりをよくご覧ください。

千年も前から生えていたとの事が記してありましたよ!
だから「千年松」と呼ばれているって。
ありきたりだなぁ(笑)
でも千年前から生えてるってすごいね!
今から千年前って鎌倉時代以前ってのは確実ですね。

そんな事を話しながら道を案内してもらいました♪

ゆる~い坂です。

八幡さまを出て、すぐ右へ。
すると八幡さまの横をゆる~い坂道が上に繋がってました。

坂道を上がって行くと、春の七草が咲いてそうな
ちょっとした畑みたい(今は畑ではありません)なところを通り、
すぐに樹木で生い茂った林の中へ。

すると、

「これだよ」

どーん!

花月さんが指さす方をみると、明らかに周囲の松とは比べ物にはならないほどの
太く大きい松が目の前にそびえたっていました。

写真では分かりずらいと思いますので、私と2ショットの千年松をどうぞ☆

ここ、どこですか?

嬉しい事に、私が小さく細く見えます(笑)

相当太い!(松、ですよ)
そして相当高い!!

周りの松と比べても明らかに別格。

パワースポットかぁ。

ん~…

てか、

パワースポットって何だ?

(笑)すみません、私パワースポットの意味をあまり分かってないで
この場所へ来てしまったようです。。

パワーをもらえる場所がパワースポットですよね?

確かに、この千年松からは「生きる」事を学べるきがします。
だって千年以上この地に生えているんですもの!

この木の周りを白いロープでぐるっと一周させて、
よく神社のところに白い紙で出来たお飾りみたいな物を
飾ってあげればそれなりに「パワースポット」らしくなるかも♪

まぁ、パワースポットでなくとも稲取の新名所として
屋号町歩きツアーの中に入れてみたり、
誰でも簡単にこの千年松を見に行くように出来たら良いですね☆

あとはこの周りをちょっと整備しなくては。
千年松の「枝」がずいぶん昔に折れてしまい
それが千年松に倒れかかっているんです。

倒れているのは「枝」ですから。

「枝」って言ったって、普通の木以上に大きいです…。

これもまた自然な雰囲気で良いのですが、
人が入って見るにはちょっとジャマかも…。

でも、これを機会に山自体をキレイにしていこう
という風に考えれば良いじゃないですかねぇ!

そんな形で、この千年松。
これからどういう形で稲取温泉の新名所として登場するかは
こらっしぇのプロジェクトのメンバーで少しずつ考えていきたいと思います!

ちなみに、私今日あろうことに約5cmのヒールを履いて来てしまいました・・・

ですが!何とか無事帰ってこられましたよ♪
という事できっと(あまりおススメしませんが)女性の方、
ヒールでも千年松を見に行く事は可能です!
(でもあまりおススメはしませんよ!※2回目)
やっぱり、ちゃんとした靴(ちゃんとした靴って何だろう…?)
で行かれる事をおススメ致します(笑)

3月 142010
 

はい、この時期は山が燃えるのです!

え?どこの山かって?

それは、稲取の三筋山が燃えるのです!!天城ではありませんよ(笑)

普段の三筋山(細野高原)はこんな感じです…

ふかふかな感じ♪

この写真はちょっと青々していて初秋の頃です。
そして山焼きとなると…

焦げてます!

 

比較対象にしては写真の時期が違いますが…
少しずつ燃やしているようですが、
間近で見るとものすごい迫力なんですよ!!

ちなみに全体的にみると…

こんな感じです。

 

ちょっと分かりづらいかもしれませんが、
炎がライン上になって燃えています。
ちゃんと計算されているんですね~!

ちなみにこの全体的な写真を撮った場所は、
「浅間山」と呼ばれる小さな神社があるところから撮りました。

先客もいましたよー!

 

私の背丈ほどの鳥居の小さな小さな神社。
ここからだと、三筋山全体が見渡せるのです!

この山焼きは年に一度今の時期でお天気を見計らいながら1日がかりで行います。
地元の消防団や、稲取の4つの区の方々など、
その他大勢の人達が一団となり安全に行うのです☆
しかもこの準備って、秋から防火帯を作るなど
長い期間をかけて毎年行われる、一種の一大プロジェクトですよね!

山焼きを行う理由としては、
現在でも稲取の農家さんなどが萱を使用するという事で
ここにある萱場を守る…というか、害虫の駆除や周りの木々などが
入って来ないようにするためなのだそうですよ!
つまり、山焼きをする事によって毎年良い萱が取れるっていう事ですかね??

最近は生体系の維持(蛇が増えないように、とか…)という意味もあるそうですし、
山焼きのおかげで、春には山菜がたくさん採れるようになるそうです!

毎年4月の後半ごろには、ここで山菜狩りのイベントなども行われる予定ですし、
山焼きは稲取の生活にとって必要不可欠なんですね~。

山菜狩り、早く行きたいです♪

3月 092010
 

先日5日から3日間、稲取温泉観光協会と稲取温泉旅館協同組合、女将さん達で
山形県の酒田市で行われた

「日本三大つるし飾りサミットin酒田」

へ行って参りました!

そもそも、日本三大つるし飾りとは…

福岡県柳川市の「さげもん」
山形県酒田市の「傘ふく」
そして静岡県東伊豆町・稲取の「雛のつるし飾り」

が三大つるし飾りなのです!

お気づきでしょうか…、福岡も山形も「市」の単位ですが、
稲取は東伊豆町のいわゆる「字」の単位なんですよ☆

このサミットは3年前に伊豆稲取で第1回を開催、
2回目は福岡の柳川で、3回目を山形の酒田市にて行ったわけで、
今回は各地にてのサミット開催を一巡した形になりました!

サミット当日は午前中に傘ふくなどを視察です。

雛のつるし飾りと似ているようで、ちょっと違う。

 

傘ふくは、稲取のつるし飾りの竹輪になっている部分が「傘」になってます!

傘の中に幸せが舞い込んでくるという言い伝えがこの地方であったとかで
このような形になったとか…。

また、酒田で採れるベニバナで染めた傘ふくもあり、
これがまたキレイで可愛らしいピンク色☆

「山王くらぶ」という、稲取でいえば「雛の館」みたいなところに飾ってありました!
写真を撮ってくるのを忘れてしまいましたので…
宜しければ、ご興味のある方は直接酒田へ行ってみるのも良いのでは?
(ちなみに4月3日頃までオープンしているそうです)

傘ふくや古代雛などを色々見学し、いよいよ午後からサミット開始です!

酒田の代表の方がご挨拶!

 

サミット開会宣言の後にすぐ行われたのが各地での取組内容です。
稲取温泉からは旅館組合長が発表をして下さいました!

その後、柳川・酒田と続き各地の取組内容の説明は終了。
そして次は各地区からパネラーを1名出してのシンポジウムが行われました。

各地のこれからについてを話します!

 

コーディネーターの進行の元、各地区のパネラーがこれからのつるし飾りを
どうするのかという熱い話が飛び交いました!
また、アドバイザーの先生もザックバランにお話し下さって
とても有意義な時間だったと思います。

各地区とも、更に「絆」を深めていき各地域の「つるし飾り」を全国に発信させましょう!

という事で調印式を終え無事にサミットを終える事ができました。
実はこのサミット、雛のつるし飾りに興味のある方はどんどん参加してもらって
大丈夫なんです。
三地域の発表などに興味のある方は話を聞きに来て頂いていて、
茨城県のひたちなか市からも総勢35名のお客様がいらっしゃってました!

その他、500名以上の参加希望の方がいらっしゃったそうですが
酒田側では会場に入りきらない、という残念な理由のためお断りを
させていただいたお客様もいたそうです。

とにかく大盛況のつるし飾りサミットでした!

その後、酒田市と柳川市、稲取での交流会では
各地区よりアトラクション(出し物)を用意しました!

稲取からは稲取温泉観光協会の副協会長が歌う

「娘へ」

という雛のつるし飾りの為に作られた曲をピアノとギター、歌で披露♪

人ごみ…です(汗)

 

こんな状況の中、歌いだした途端にお客様の心わしづかみです!!

ノリノリのお客さん!

 

稲取をはじめ、この近隣では歌のうまさで有名な副協会長の歌声は
山形でも大人気に☆

稲取のアトラクションは1番初めで、その後に柳川市のアトラクション、
酒田市のアトラクションで終わりました。

その後は各地区の方々と来年のサミットの話をしたりなど
交流を深め、交流会が終了となる直前!

流れたアナウンスが

「それでは最後にアンコールという事で、稲取温泉の観光協会副協会長さんに歌を…」

えぇ???

そんな予定は本当に組み込まれていなかったのです!
どうやら本当にアンコールが来たようで、
副協会長もビックリした様子で舞台へ上がって行きました(笑)

皆、スプーンを高く挙げて振っています(笑)

 

「娘へ」という歌は、お母さんが雛のつるし飾りに込めた想いをそのまま歌にした感じで、
きっと娘に限らず子を持つ親なら、性別関係なく共感できる歌なんだと思います。

稲取では、この「娘へ」という歌をCD化していまして、
雛の館などでも販売しております!

歌い手は、副協会長ではなく女性の方が歌っておりますが
とっても良い歌で、購入されたお客様からお電話が来た事もあります!
(買って良かった、などのお話でした)

何故か最後は稲取が交流会を〆てしまったような感じはありましたが…

今回のサミットのテーマ「絆」は各地区とも深まったようで、
来年は東京で…?

という話も上がってきております♪

どうなるかはまだ分かりませんが、
全く知らなくて繋がりの無い各地方で、
同じような風習が偶然あった…

ってすごい運命ですよね!

飾り方から吊るすものまで、
多少違うものもありますけど、
なんかすごく感動しました☆

来年は更に盛大にサミットが盛り上がれば嬉しいです!

3月 032010
 

これ、何と読むか…というと

「おじんやあと」

と読みマス!

今日用事があって東伊豆町の観光協会へ行ったのですが、
その建物の横に実は史跡があるのです!
それが

「御陣屋跡」

東伊豆町の観光協会は稲取内にあるのですが、
稲取温泉観光協会から車で5分(歩くと10分位ですかね)
ふと目に付いたので写真を撮って来ました~!

けっこう大きいです。

 

東伊豆町観光協会の建物(商工会が1階なのですが)の横に
小さな公園があって、その中に御陣屋跡があるんです。

公園に史跡、普通にあります(笑)

というより、なんなの?これ??

という方へ簡単にご説明を…

まず「陣屋」というのは軍勢が駐屯して宿営するところなのですね。
まぁ、その「跡」ということなのですが(笑)

そもそも稲取の御陣屋は1843年(今から167年前!)に御陣屋となったようで、
その頃、稲取は「沼津藩」だったようです。
稲取は東海岸の領地の一つで、砲台を築いて海岸防備をしていたんですって!

稲取の砲台は、伊豆諸島が見渡せる高台に築かれて、
この時から稲取の代官宿舎は、砲台などの海岸警備に力を入れ込む
「御陣屋」に変わったそうです。

稲取の御陣屋は結構活躍したようで、
軍艦コロンバス(コロンブス、ではないようで??)、
とビンセンスっていう軍艦が江戸湾に入ってきた時は
稲取の台場に一番手兵隊を出動させられたり、

軍艦マリーナ号が下田に来航した時は
稲取の押送り船からの情報とか、
稲取台場から望遠鏡での監視情報などを
御陣屋に集めて、沼津藩に事の状況を報告したそうです。

そのおかげで沼津班はすぐさま対処が出来た、とか。。

この情報は150年以上前の話なので、
当時はもっと活躍した内容がいっぱいあったんでしょうね~。

明治になると、伊豆一帯は「韮山県」→「足柄県」→「静岡県」
と約7年の間に県の名前が3回も変わります(笑)

この時の御陣屋は役場的な存在になって、
近隣村々の行政事務を行うところになったのだそうです。

そんな史実のある、「御陣屋の跡」

といったとこでしょうか(汗)

稲取歴史文化辞典「Ina-pedia」(「イナペディア」というものがあるんですよ!)
から拾って書いたので大丈夫だとは思いますが…

歴史ロマン感じる場所ですね~!

ひっそりとある御陣屋ですが、
そんな背景を知ってから見に行くと
また違う風景に見えるかもです!

良かったら見に行ってみて下さいね♪

2月 112010
 

出来そうなお話があるのです!

伊豆稲取には

「御石曳き祭り」

というお祭りが今から20年程前から催されていました。
しかしながら、そのお祭りは約10年前に諸事情により
無くなってしまったのです。

そもそも、「御石曳き祭り」とは何ぞや?という方もいらっしゃると
思いますので簡単にご説明いたします☆

江戸時代、伊豆稲取を始め伊豆の東海岸の山々から
徳川家康の命によって伊豆石が掘り出され、
これを四角く加工し、山から港まで人力で引き
船に乗せて江戸まで運んだのです。

運ばれた石達は現在の皇居である、江戸城のお堀に
使われています!(ちなみに現在の皇居のお堀の石がそうですよ)

家康から家光の代まで、、徳川家3代に渡る
一大プロジェクトに伊豆稲取は深く関わっていたんですね~☆

で!

このプロジェクトで行われていた、

「山から港まで石を引っ張る」

という様子を実際に再現したのが、

「御石曳き祭り」

なんですね~。

と言っても実際のお祭りは漁港の前の直線道路を引っ張ります。
さすがに今は山から石は引っ張れません(汗)

この史実に基づいたお祭りは
残念ながら10年程前に無くなってしまったと言いましたが、
実は一昨年!

復活したんです~♪♪

地元の若者達で「稲取若者会」というチームを結成し、
御石曳き祭りを復活させよう!と立ち上がり
地域の人々の協力もあって復活させる事が出来ました☆

その時の様子です♪

 

そんなこんなで、稲取若者会は御石曳き祭りをこれからも継続するため
地元にある「稲取江戸城石丁場遺跡保存会」の方々とも
色々とお話をする機会を持ちました。

そこでこんなお話が出たのです。

稲取に残っている石丁場跡を観光客のお客様に見てもらえるようにしよう!

…ということで!
稲取若者会のメンバーと、その他の団体さんのご協力で
稲取に残されている石丁場を整備し始めました。
実は、かれこれもう2年目に突入するのですが、
なんせ江戸時代と同じく人力でやってますので…
でもその頃に比べたら、スコップとかのこぎりとかあるからまだマシですかね(笑)

ちょっとした山です(笑)

石丁場まで上がる道への階段は、稲取若者会男子とその他の皆さんで
竹や木を切って、手作業で作りました。

これは木で補強した階段ですな

この周りは竹林で囲まれていて、とても雰囲気が良いんです!
ただ、この階段を上がって行くのが…
運動不足の私には堪えました(汗)

ですが、ものの5分位で石丁場に到着!

四角い石、分かります?

いかにも人工的っぽい四角い石、あれが江戸時代の人達が
江戸城の為に加工した石の残りです。
これらを全般的に

「角石」(すみいし)

と呼びます。

角石の横に、ちょっと土に埋まりかけた石があったので見てみると…

くさびの跡が!!

なんと、この石加工途中だったんですね~!!!
くさびを打ってある跡が残っています☆
なんだか興奮しちゃいました(笑)

他にもこんなのが!

これは、石を割る時に穴を開けるらしいのですが、その穴がキレイに残ってます!

上から見るとこんな感じ

全体はこんな感じですが、ここをキレイに整備して、
看板などを取り付けて石丁場資料館のようにする予定だそうです♪

さてさて、この日稲取若者会のメンバーが作業した内容は…

穴を掘って…

杭を差し込み、

打ち込みマス!!

この作業、これは石丁場へ行くための道に竹垣を作ろうということで、
下から順に

穴掘り→杭差し込み→打ち付け→埋め込み

の作業をやりました☆
次は杭に竹を付けていく作業です。

地道な作業ですが…

新しい観光名所を作るために頑張ります!

いや~、しかしこれまたある意味一大プロジェクトですよね(笑)
こうご期待☆

2月 092010
 

今までに見たことがなかったお土産ができました~!

こんなの見たこと無い!

 

なんと、つるし飾りのデザインされたTシャツが出来たんです!
しかも稲取地元のデザイン会社

「イーストエムズ」

で作られていますので、完全稲取オリジナルです♪
Tシャツの色はほかにも何色かありるそうで、
サイズも子供から大人のサイズまで!
また、他のデザインも色々とあるみたいですから
是非足を運んでみてください♪

そして、Tシャツだけに限らず何とこんなものまで!!

エコバッグ~!

 

これ、可愛くないですか~??
しかも大・中・小と三種類のサイズがあります!
大きいのはママさんバッグとしても活躍しそうな感じですし、
小さいのは、お弁当入れなどに出来そうな感じです!

雛のつるし飾りもこんな風になるんですね~

 

今なら、お買い上げのお客様につるし飾りの根付けもおまけで付くそうです!

稲取だけにしかないお土産、
これはとってもおススメです!!

*****************************

デザインワークス イーストエムズ

TEL&FAX:0557-95-3997 HANDY:090-5860-0108

MAIL:east-ms@smile.ocn.ne.jp

〒413-0411 静岡県賀茂郡東伊豆町稲取278-6中澤ビル103

****************************

2月 082010
 

最近良く旅館組合の駐車場のお店さん紹介をしていましたが、
今日もそれとなくフラ~っとネタ探しに出かけたところ、
こんなものが展示されていました…!!!

あの祭りの小神輿!!(笑)

 

どんつく祭りの小神輿!!!!!!

これは、毎年6月の第一週の火曜日と水曜日に行われる、

「天下の奇祭どんつくまつり」

のお神輿で、このサイズは地元のコンパニオンさんや、
女性のお客様に担いでもらう用の神輿なんです。

※ちなみに今年も6月の1日2日とどんつく祭りを開催いたしますので
皆さまのお越しをお待ちしております!

というわけで、旅館組合の駐車場で写真を撮り終えた後
今日はそのまま海の方へ向かってみました。

海の方には何があるかっていうと、
駐車場があります(笑)

この駐車場は、雛のつるし飾りの時期にオープンする
大きな駐車場なのですが、この中にもお土産屋さんがありました!

みかんとかもいっぱい売ってる!

 

立派なプレハブ小屋につるし飾りのお土産や、お菓子
みかん類なども売ってました~☆

他には見ないようなお菓子も…?

 

甘~いポンカン!

 

今が旬?のデコポンやイチゴも!

 

まぁとにかく柑橘類や果物などは、その時にあるものしか無い、
といった感じでしたね!
味噌汁に入れるとトロトロになってすんごい風味を出す「ふのり」
なんかも売ってました!(←これ、稲取特産なのでは??)

駐車場もなかなか侮れないですね~。。。

そして事務所へ帰る帰り道に郵便局の派出所へ寄り道♪

以前は雛のつるし飾り記念切手を販売しているだけだったのですが
なんと今度は小包の手配も始めたそうです!

はるみオレンジはあと4箱のみ!急げ~!!

 

はっさくもありますよ♪

 

そして驚きの安さを発揮しているのが、こちら…

これは見本なので色や鮮度は実際もっと良いですからね!

これだけ入って

はい!どうでしょう?

この値段!!

業者も泣いている、と局員さんが言っていました。
稲取郵便局、頑張ったようです!

ということで、郵便局派出所は3月31日まで温泉場に出ているそうです
なのでお気軽に発送できますからね♪

そして事務所前。。。
こんなかわいらしい色のお店も出店していました!

大きなおうちのお庭の中なんですね。

 

事務所の目の前のおうち、とてもお庭が広くて
その中に小屋を持ってきてつるし飾りを販売しています☆

ミニお雛様!

 

いやぁ。。。

色々見ましたけど、そのお店によって売っているものが違うんですね。
だから面白いですよ~♪
つるし飾りってほとんどが手作りだから、
作るものも、値段もそれぞれに違いが出るんですね☆

温泉場リポートでした☆

2月 042010
 

皆反応が良いです!

 

本日稲取小学校の5年生をターゲットに、

「稲取検定」

を実施しました!

稲取検定とは、稲取温泉のご当地検定なのです♪
実は、稲取温泉観光合同会社には

「歴史伝承プロジェクト」

というセクションがあり、このプロジェクトメンバーで調べた
稲取の歴史や文化、方言などを

「稲取ドリル」

にまとめて、まずは稲取の住民対象に検定を行っているのです!
前回(去年)はホテルの従業員さん達に実施致しましたが
皆さんとても楽しそうに受けてらっしゃいました♪

さてさて、今回は小学校というわけですが
意外にもとても反応・食いつきが良く(笑)
プロジェクトのメンバーも楽しい講習と検定が出来ました~☆

真剣です。

 

質問も積極的なのです!

 

そして最後に答え合わせ。

たくさんの「へぇ~」と、「知ってる!」の連発、
とても微笑ましい時間でした♪

はい答え合わせですよ~

 

こうやって、地元の子供達に地元の歴史や文化を伝えていく事、
きっと観光地では必要な事なんだと思います。

稲取に住む、子供から大人まで、
稲取に訪れた方々に自然と地元を案内できる町に。

そしていつかは地元を離れる時が来たとしても、
誇りに思える地元稲取を、よその町でも話す事が出来るように。。。

1月 252010
 

稲取温泉では、この時期にしか販売しない切手があります。

郵便局員さんが販売してま~す!

 

雛のつるし飾りが始まると同時に近年から郵便局にて
「雛のつるし飾り限定記念切手」
を販売しているのです!

一枚一枚につるし飾りの人形の絵が書いてあって、
これは絶対記念になります!!

普段筆不精の私もこの切手を買って
手紙でも書いてみようかな~
なんて気持ちにさせられますし、
稲取温泉に遊びに来られた際には
良いお土産にもなると思いますよ☆
稲取からこの切手を貼って、大切な方に
お手紙を送られても良いのでは??

80円切手

 

50円切手

 

80円も50円もものすごい売れ行きだそうで。。
本当に欲しい方は稲取温泉に是非どうぞ~

売っている場所は稲取郵便局のところと
温泉場のスマートボールのところで販売しています!
温泉場の販売所は稲取温泉観光合同会社の事務所も
近いので、お越しの際はお立ち寄りくださいね♪

1月 242010
 
稲取から来ました~

先のブログにも宣言しましたとおり、本日浅草にある稲取温泉のアンテナショップ

「THIS 伊豆 稲取や」

にてキャラバンしてきました♪

メンバーは稲取温泉の住民達で
旅館の従業員さんや
旅館のオーナー
議員さんに
とこやさん
ペンキ屋さん
建設屋さん
印刷・企画物制作の方
役場の職員さんもいれば
書店にお勤めの方
隣の地区の熱川の方…

本当に色んなジャンル(?職種?)の方にお集まり頂き
浅草界隈に稲取温泉の名前を広げてきました~!

まずは近隣をゴミ拾い!

 

稲取やのオープン前に皆で近くのゴミ拾いをしました。
その後はいよいよお店をオープン!

日曜日はあまり人が通らないようで、ちょっとさみしい…

 

問屋街ということで、土日はちょっとさみしくなってしまうようです。
だけど皆お客様が通るたびに声をかけて稲取温泉を
アピールしてきました!

するとだんだん通り過ぎる人も増えてきて、
稲取の人達とお客様のやりとりもできるように!

稲取の話で盛り上がってます♪

 

キャラバンって、お客様と直接稲取の人がお話できるからいいですよね☆
初めてお店に来た稲取の皆もとても喜んでいました!

月に1度は行きたい…

という声も多数ありましたので、
もしかしたらこれから定期的に浅草の「稲取や」で
このようなイベントがあるかもしれません!

今日は先着のお客様に稲取のポンカンをプレゼントさせて頂きました!
また次回は違った内容でキャラバンしたいと思いますので
その時は是非遊びに来てくださいね~☆

事前に告知します!