1月 142011
 

本日1月14日、稲取のあちこちで

どんど焼き

が行われています!

港一帯が賑やかに!

 

新年のお飾りや門松、去年のお札などを火にくべて
お焚きあげしていきます。
どんど焼きの芯木は、前のブログでも書かせて頂きました

神福竹

を使っています☆
稲取の方々や若い衆が一生懸命山から取って来た
竹が中心となり、煙が天高く登っていき、
子供達は3つのおだんごを木の先にくっ付けて、
どんど焼きで焼いてもらっているのソワソワしながらを待っています☆

お団子が並べられてます☆

どんど焼きで焼かれたおだんごを食べたり
煙に当たると1年風邪をひかず、元気に過ごせる と言われていて、
今もまだその風習が残っているというのが素敵ですね☆

来年の1月14日に、皆さんもお札やお飾りをくべに来てみてはいかがですか?

1月 042011
 

稲取では、1月14日に

どんど焼き

が行われます。

この日は稲取内の各所で、正月のお飾りや門松、
古いお守りやお札、お雛様などを芯木の竹の周りに
積み上げて焼くのです。

この芯木の竹は神福竹で作られるのですが、
今日、地元の若い衆が神福竹を山から切り下ろし
稲取内を練り歩いています!

寒い中、ご苦労様です!

14日には、この神福竹が芯木となり地元の人々が
ここにお焚きあげする物を持ってきます。

この煙を浴びると、その年は風邪をひかないといって、
また三つ又に刺した団子をその火であぶって食べたりもします♪

ちなみに、雛のつるし飾りも本来はどんど焼きで燃やしてしまうんですよ!

女の子が生まれたら、成長を祈願してつくられる雛のつるし飾り。
その子が無事に成長した暁には、このどんど焼きにくべて
感謝をしていたものなんだそうです。

稲取の地域独特のもので、昔からの伝統を堅く守り継いできた事では
地方色豊かな継承行事なんです!

7月 052010
 

稲取では、毎年7月13日から5日間連続して地祭りが行われます!

この時は稲取中の若い衆をはじめ、男性陣が一日中御輿を担ぎ
ねりを叩き、稲取内を回ります。

観光向けではなく、本当の地元の祭りなので
あまりウェルカムな雰囲気ではないですが、
この時に稲取を訪れると各所でねりや御輿が出回っているのが
見られると思いますよ☆

この地祭りでは
●あかっぱら(どんつくでも出たお面さん)
●馬鹿ばやし(今度上海万博に出場します!)
●三番叟

も見られます!

今日はこの中でも先日練習風景を見させてもらった三番叟をご紹介します☆

今年の当番町は「東区」。
稲取は 西区・東区・田町区・入谷・水下区 の4つの区に分かれていて
地祭りになると毎年当番町(区)が変わります。

当番町の地区の小学生は毎年稲取八幡神社に奉納される
「三番叟」を担います。

三番叟の練習をしているという東の公民館へ行ってみると…

既に始まってた!!

教え手は知り合いの方々でしたが、子供達に教える表情や
素振りの真剣さは今まで見た事のない様子でした!

あまりにも真剣(というかまじめすぎて?)公民館へ入っても
誰だか分からない人もいました(笑)

子供達は小学校3年生と6年生だけで、

●千歳(舞い手)
●翁(舞い手)
●三番叟(舞い手)
●鼓
●太鼓

を練習します。
笛と拍子は大人が担います。

「翁」の舞いを教えてます。

傍らでは個人指導。

笛と鼓に合わせて三番叟が練習。

6年生が三番叟や翁、鼓などを練習しているなか、
ひょっこり3年生も!

この2ショットがとってもカワイイ♪

大きな声で口上を述べ、何だか感動してしまいます。

そして一旦休憩。。
子供達は今までの真剣な表情から一気に子供本来の顔に変わります。

休憩中はボールで遊ぶのが息抜きになるよう。

大人達の表情も和らぎ、緊張がほぐれる瞬間です。
そして休憩を終え、次は実際にお面を付けての練習!

よいしょっ

千歳がてててっとお面の入った箱を持ってきます。
箱がこの子に対してやたら大きいので、可愛さ倍増です♥

面を付けると一気に迫力が!

まずは翁がお面を付け、舞います。
このお面、口元が動くようになっていて舞いながら
声を出しやすくなっているようですね。

三番叟、カッコいい!

黒面とも呼ばれる、三番叟もお面を付けました。
迫力ありますね~!!

そしてキレのある舞いで、お面を付けると子供じゃないような
とても大人びた感じがします。

この様な感じで毎日約2時間、
40日間も休みなく練習するのです!

地域の大人が地域の子供に伝承していく三番叟は、
江戸時代から続く町の無形民俗芸能に指定されています。

この三番叟に出られる子供はある意味、貴重な体験ができて
うらやましいですよね!

この様な文化を稲取では今でも継承されているという事が
とてもステキなんです!!

14日まであと9日。。

本番は稲取八幡神社にて午前10時30分頃から奉納が始まります!
楽しみですね☆

そして更にステキなのが、

練習の終わりにはきちんと挨拶!

大人と子供、ちゃんと正座をして「ありがとうございました」の
あいさつをかわします。

なんだか「武」の心というか、上手く言えないですが
とても清々しい気持にさせられます!

そして、、、

蜘蛛の子を散らしたように(笑)

一気に走り出す子供達でした(笑)

6月 142010
 

稲取の地祭りが来月始まります。
稲取には

西町・東町・田町・入谷・水下

と5つの区域に分かれていて、
7月の上旬すぎ頃に各町ごとに若衆が中心となって
ねりを一日中叩いて各町を回ったりします。

西町の若衆

 

約一週間位この祭りは続くのですが、
その間の稲取の若衆はずっと祭り漬け!
仕事はもちろん休みですし、中には家に帰らないとか…

そんな中、田町の若衆にだけ受け継がれている
「馬鹿ばやし」
という踊りがあるのですが、この踊りは祭りの時にしか見られない
貴重な踊りで、無言踊りともいわれている踊りです。

お祭りの時は町中の色んなところで馬鹿ばやしを披露してくれます。

夜の馬鹿ばやし

 

ストリートダンスですね~!
ですがこの馬鹿ばやしはなんと無形文化財にもなっている
大変貴重な踊りなんですよ!

そして、先日稲取の方の結婚式に呼ばれて、
改めて稲取の素晴らしさを実感致しました。

結婚式でも!

 

結婚式でも新郎さんの仲間内で馬鹿ばやしを踊られていました!
この世代の馬鹿ばやしはとても好評だったという事もあり
本当に目を引きつけられる踊りでした。

実はさらにすごい事が…

現在中国で開催されている「上海万博」に、
静岡県の代表と言う事で、この馬鹿ばやしが出場することになりました!

8月20日に上海万博のステージでこの「馬鹿ばやし」を
世界に披露してきます☆

5月 092010
 

今日は「お釈迦様の誕生日」ということで、
稲取では昔からお稚児さんと言ってお祝いをしています!

お釈迦様のお誕生日をどうやってお祝いするかと言うと・・・

わぉ!行列!!

 

小学校2年生くらいまでの子供達で衣装に着替え
行列をなしてあるものを引っ張って行きます。
そのあるものとは…

ぞうさん!!

 

このぞうさんを子供達で(…といってもほぼ大人の人が押してますが…)
引っ張って、稲取文化公園へ。

お母さんにてを引かれて行きます。

その後は、文化公園の中にある「雛の館」にて稲取中のお坊さんたちが
子供たちとお釈迦様のお誕生日を祝うとか…。

この話は付き添いで来ていたおばあちゃんに
「お稚児さんってどんなイベントなんですか?」
と尋ねたところ、上の様な答えが返って来ました。

なんでも、お坊さんが自分の檀家さんの子供にお願いして
お稚児さんをやってもらうのだそうですよ。

このおばあちゃん曰く、中に付き添いで入った事が無いため
ぞうさんを引っ張った後はどういった事をしているかは
分からないとの事…。

気になりますね~、お稚児さん!

3月 142010
 

はい、この時期は山が燃えるのです!

え?どこの山かって?

それは、稲取の三筋山が燃えるのです!!天城ではありませんよ(笑)

普段の三筋山(細野高原)はこんな感じです…

ふかふかな感じ♪

この写真はちょっと青々していて初秋の頃です。
そして山焼きとなると…

焦げてます!

 

比較対象にしては写真の時期が違いますが…
少しずつ燃やしているようですが、
間近で見るとものすごい迫力なんですよ!!

ちなみに全体的にみると…

こんな感じです。

 

ちょっと分かりづらいかもしれませんが、
炎がライン上になって燃えています。
ちゃんと計算されているんですね~!

ちなみにこの全体的な写真を撮った場所は、
「浅間山」と呼ばれる小さな神社があるところから撮りました。

先客もいましたよー!

 

私の背丈ほどの鳥居の小さな小さな神社。
ここからだと、三筋山全体が見渡せるのです!

この山焼きは年に一度今の時期でお天気を見計らいながら1日がかりで行います。
地元の消防団や、稲取の4つの区の方々など、
その他大勢の人達が一団となり安全に行うのです☆
しかもこの準備って、秋から防火帯を作るなど
長い期間をかけて毎年行われる、一種の一大プロジェクトですよね!

山焼きを行う理由としては、
現在でも稲取の農家さんなどが萱を使用するという事で
ここにある萱場を守る…というか、害虫の駆除や周りの木々などが
入って来ないようにするためなのだそうですよ!
つまり、山焼きをする事によって毎年良い萱が取れるっていう事ですかね??

最近は生体系の維持(蛇が増えないように、とか…)という意味もあるそうですし、
山焼きのおかげで、春には山菜がたくさん採れるようになるそうです!

毎年4月の後半ごろには、ここで山菜狩りのイベントなども行われる予定ですし、
山焼きは稲取の生活にとって必要不可欠なんですね~。

山菜狩り、早く行きたいです♪