4月 042011
 

何日か前、稲取文化公園の管理人さんから
「枝垂れ桃が咲き始めたから、また写真撮ってくれよ」
と言われ、早速公園へ行ってみると本当にキレイなピンクの
花がたくさん咲いていました!

そして先日、意気揚々とブログに

「稲取文化公園の枝垂れ桃が咲きました!」

と綴った私ですが、
実は撮影時から、『何だか桜っぽい桃なんだな~』
と少し疑問を抱えつつもその後ブログには
「枝垂れ桃」という事でアップしておりました。

ですが、その後もやはり気になって、
稲取文化公園の守り神とされる管理人さんに聞いてみると

「ありゃー桜だよ、枝垂れ桜。あっちが桃だよ」

との返事が…。

あ、桃だけじゃなくて桜もか。
てか、やっぱりあれは桜だったんだ…

という事で、今から「枝垂れ桃」と「枝垂れ桜」の違いをご紹介したいと思います!

枝垂れ桃

まず、こちらが「枝垂れ桃」です。
お花が若干丸みを帯びて、木自体の背が低いです。

文化公園奥の池の後ろ側にも咲いています!

そして、 「枝垂れ桜」はこちらになります!

稲取文化公園入り口に咲く、「枝垂れ桜」

桜の木自体の背が高く、花自体が薄ピンクです。
木が大きいので満開になると迫力ありそうです!

稲取文化公園入り口から見た、雛の館入口前。

 

だいぶ色のコントラストもキレイで、お花自体も6分咲きといったところでしょうか。
4月7日から始まります、

つるし端午の福まつり

の時期には、きっと満開なのではないかと思います!
全部咲いたら更にキレイでしょうね~!!

是非、つるし端午と併せて
稲取の枝垂れ桃と枝垂れ桜を見に来て下さいね☆

3月 312011
 

河津桜が散り始め、ほぼ葉桜になっている稲取文化公園ですが、
今の時期、また公園内がピンク色に染まりつつあります!

公園入り口、入って右側に枝垂れ桃が!

 

稲取文化公園内には、枝垂れ桃の木がたくさんあります。
その中でも、公園入り口付近右側に咲く枝垂れ桃が一番花を付けていると思います!

蕾もたくさん付いているのでこれから楽しみです♪

 

稲取文化公園内にある雛の館へ通じている道沿いにも
枝垂れ桃が植わっています。

雛のつるし飾り祭りは本日最終日を迎える事になりましたが、
稲取文化公園は年中無休です!

季節ごとに色とりどりの花を咲かせて、お客様の目の保養にでもなればと
稲取の住民がボランティアで手入れをしている公園です。

無料の足湯もありますので、花見をしながら足湯で体もポカポカになります☆

稲取温泉は、疲れた体・心を癒されに来るお客様をお待ちしております!

そして…

現在あの震災から20日が経ちました。
なんだか、これまでの20日間は時の流れがとても早く感じ
もう3月も終わりなのかと思わされました。

被災地では少しずつ復興されるとともに
多くの方が未だ避難所生活で、大変辛い毎日を過ごされている事、
心よりお見舞い申し上げます。

ただ、現地に行かれた方の話などを聞いていると
避難所生活の中でも、1日1日が良くなってきている、と。

決して私達の様に

当たり前のように個人の住む家があり、
温かいご飯が3食食べられ、
温かい布団で寝る事が出来る

訳ではありませんが、

昨日よりも今日。
そして今日よりも明日、
被災者の方々は既に日々前進されているようです。

実際に私が行った訳ではなく、行かれた方の話からですので
そうでないようでしたら大変申し訳ありません。

ただ、河津桜が散り、葉桜になった今。

枝垂れ桃の蕾がたくさん付いているのを見ると
日々時間が過ぎているのだなぁと感じます。

何もしなくても、明日は必ずやってくるのです。

だから、今私達に出来る事をしていきたいと思いました。

そして今、私が出来る事は

稲取の観光情報を伝えて、たくさんのお客様に稲取に来て頂く事。

自粛ムードで旅行をキャンセルされた方々がたくさんいらっしゃいます。

もちろん、その気持ちは分からなくもないです。
むしろ分かります。

ですが、実際に観光地に生まれ育った人間が居るのです。

観光地に携わる人々は、「観光」をお仕事にして生計を立てているのです。

観光地に観光客が来なくなったら、町がどんどん死んでいきます。

私達稲取温泉も、観光客の皆さまが訪れて下さる事により
生活が出来ているんです。

稲取温泉だけではありません。

伊豆半島自体が観光地です。
隣の伊東市も河津町も下田市も、
西伊豆も、南伊豆も…。

今、大変な事になっています。

多くの方が職を失い始めています。

本当はこんな事をここに書いて良いものかどうか迷いましたが…
これは、あくまで私一個人の想いを伝えているブログとして
読んで頂ければと思います。

大々的に観光誘致をしてしまうと
あまり良くない風評が出ると思いますが、

「遊びに行く」

という認識ではなく、

「癒されに行く」

という事と、

「日本の経済を活性化する」

とお考え頂き、稲取温泉へお越しいただければ幸いです。

そして観光地に住む私達を

「助けるつもり」

で来て頂けると本当に嬉しいです!

伝えたいことがたくさんあって、
上手く言葉に出来ないですが。

もし、このブログを読んで下さっている方がいらっしゃいましたら、
拙い文章で大変申し訳ありませんでした。

そして、長文お付き合いくださり
本当にありがとうございます。