1月 142011
 

本日1月14日、稲取のあちこちで

どんど焼き

が行われています!

港一帯が賑やかに!

 

新年のお飾りや門松、去年のお札などを火にくべて
お焚きあげしていきます。
どんど焼きの芯木は、前のブログでも書かせて頂きました

神福竹

を使っています☆
稲取の方々や若い衆が一生懸命山から取って来た
竹が中心となり、煙が天高く登っていき、
子供達は3つのおだんごを木の先にくっ付けて、
どんど焼きで焼いてもらっているのソワソワしながらを待っています☆

お団子が並べられてます☆

どんど焼きで焼かれたおだんごを食べたり
煙に当たると1年風邪をひかず、元気に過ごせる と言われていて、
今もまだその風習が残っているというのが素敵ですね☆

来年の1月14日に、皆さんもお札やお飾りをくべに来てみてはいかがですか?

1月 042011
 

稲取では、1月14日に

どんど焼き

が行われます。

この日は稲取内の各所で、正月のお飾りや門松、
古いお守りやお札、お雛様などを芯木の竹の周りに
積み上げて焼くのです。

この芯木の竹は神福竹で作られるのですが、
今日、地元の若い衆が神福竹を山から切り下ろし
稲取内を練り歩いています!

寒い中、ご苦労様です!

14日には、この神福竹が芯木となり地元の人々が
ここにお焚きあげする物を持ってきます。

この煙を浴びると、その年は風邪をひかないといって、
また三つ又に刺した団子をその火であぶって食べたりもします♪

ちなみに、雛のつるし飾りも本来はどんど焼きで燃やしてしまうんですよ!

女の子が生まれたら、成長を祈願してつくられる雛のつるし飾り。
その子が無事に成長した暁には、このどんど焼きにくべて
感謝をしていたものなんだそうです。

稲取の地域独特のもので、昔からの伝統を堅く守り継いできた事では
地方色豊かな継承行事なんです!