2月 222011
 

稲取に新しい名所が出来ました!!

その名も…

サンライズテラス稲取

夕方に撮った写真なので、サンセットになってしまいましたが(笑)

ここは、以前展望台として いなとり荘のすぐ脇
地元の人が作った手作りのベンチなどが置いてあった
太平洋が一望できる場所なんです☆

その展望台が、新しく海側に広く大きく伸びて
イベントなども出来るようになったんです!

晴れていて、気象条件などもバッチリ合えば
伊豆七島などが見渡せる絶景ビューポイント。

また、今週27日の日曜日には稲取温泉よいさかどっ恋
による よさこいライブもここで演舞されます!

是非一度はサンライズテラスへお越しください。

海ってこんなに広かったんだな~

なんて発見があるかも(笑)

2月 182011
 

昨日とは打って変わってお天気になったので、
稲取文化公園の河津桜の様子を見に行ってみました☆

昨日の夜、雨風ともに強かったので散ってしまったかな?と思いきや
桜は負けずに昨日よりも若干、気持?つぼみが花開いたような気がします♪

桃の花もお花がたくさん付き始めました!

文化公園には、「雛の足湯」という無料の足湯があるのですが、
地元の方がボランティアで維持している、池などもあるんですよ!

手作りの水鉄砲は夏場子供達に大人気!
地元の子も観光客のお子様も混ざって一緒に遊んでます☆

そして、無料で触れ合えるうさぎ小屋があるんです!

うさぎ達が寄って来ました!

今日はカワイイモデルさんがいたので写真をたくさん撮らせていただきました☆

葉っぱを持っていけば、うさぎ達と仲良しに!

距離がだんだん近づいてますね(笑)お互いに慣れて来たみたい。

仕舞にはうさぎ達が迫って来てます☆

うさぎって癒されますね~。
もふもふしてて気持ち良いです。
葉っぱを持っていけばたくさんもふもふ出来ますよ☆

さてさて、うさぎ小屋からすぐ近くに雛の館がありますが、
その周りも河津桜などが植樹されています!

雛の館前の河津桜が一番咲いていると思います!

写真ポイントになっています。

稲取文化公園では、
雛のつるし飾りを見て、うさぎと戯れ、桜や梅で写真を撮って
足湯でゆっくりしていって下さい♪

2月 172011
 

稲取には、

稲取マリンスポーツセンターというダイビングサービス

があります。

稲取を拠点に東伊豆を始め伊豆半島全域までダイビングツアーを開催したり
ダイビングのライセンスを取得できるスクールも開催しています。

ここのスタッフさんが夕方ダイビング終わりに
突然うちの事務所に寄ってくれました。

港にこんなのが居たって…

ウルトラマンに出てくる何かに似てる…?

軽トラックの荷台に水槽ごと乗せて見せてくれたのは、

タカアシガニ

世界最大のカニと言われ、
西伊豆では良く獲れると聞いていますが、
東海岸でも揚がるんですね!

大きさがいまいちだと思いますので、私と比較すると…

甲羅が私の顔ぐらいあります。。

こんな感じ(笑)

彼はこの後稲取の「池尻海岸」に放たれるとの事です。

明日、カニの殻が散らばっていないと良いのですが…

捕まえて食べないでね(切実)

12月 272010
 

もうすぐ、2010年も終わろうとしています。

皆さま、今年はどんな年でしたでしょうか?

稲取をはじめ、東伊豆町はたくさんのお客様にこの町を訪れて頂きたい
という思いから、試行錯誤色々な事を実施しています!

その一つとして、10月26日に稲取の「ふれあいの森」という場所で
菜の花を植える作業を東伊豆町の皆さんで行いました!

一粒一粒丁寧に撒きました!

そして、だいぶ急な斜面での作業だったんです…

 

あれから2ヶ月後…

実は私もこのプロジェクトに参加していたのですが、
菜の花はどーなったんだろう…?とふと思い、今日行ってみました☆

ふれあいの森へ続く道

だいぶ木の葉も落ちてしまい、「冬」を感じる遊歩道。
この道は、菜の花へ続く道に加え、稲取岬を一望できる絶景ポイントまで
繋がっています!

今日は快晴!

こちらが、絶景ポイントから見た稲取岬!
ちょうどこの下と上が菜の花プロジェクトで植えられた菜の花達が
育っている畑なんです。

実際畑に目をやると…

何が何だか分からない??

本当に菜の花育ってるのかなぁ…?
と、よ~く目を凝らして見ると。。。

これ、菜の花の芽だよね?

ちゃんと芽吹いてました!!

そして、その先を見たら…

一列になってる!

私達の植えた菜の花達は、ちゃんと育っていましたよ☆

来月からは、雛のつるし飾り祭りと2月には河津桜祭りで
稲取は1年で1番お客様が訪れるシーズンになります。

その頃にはもっと菜の花が育って、
稲取から山を見上げると、黄色い菜の花畑が望めるようになっていると思います♪

今はまだ、こんなだけど…

 

養成中なので、畑に入る事はまだできませんが、
この場所までは行く事が出来ます!

ちなみに、とーっても長い滑り台のある場所でも有名です☆

先が見えないよ~(汗)

 

ご興味のある方は場所をお教えいたしますので
お気軽にお問い合わせくださいね☆

稲取温泉観光協会
0557-95-1157
isk@mbs.sphere.ne.jp

10月 262010
 

というのはですね…

なんか明るくないですか?

 

火事、ではありません(汗)私の写真テクニックが上手ではないので
すみません…。。。

あの、明るくなっている部分を拡大すると、

こうなっているんです!

 

だいぶ遠巻きの写真と近くの写真では感じが違いますが(笑)

そう、文化公園の足湯の看板にライトが付きました!!

足湯は、朝の10時から夜は21時まで営業しています。
「営業」と言っても無料の足湯ですので、
旅の疲れをここでほっと一息、癒してあげてください☆

7月 142010
 

6月の第一火曜・水曜に行われた、
天下の奇祭どんつく祭りhttp://event.inatorionsen.com/?cat=23
からもう一カ月以上経ちました。

早いですね~。。。

そして今、稲取は地祭りやってます!http://event.inatorionsen.com/?cat=24

そんな中、ちょうど他の神社に皆さん集中しているとの事なので
点検を兼ねてどんつく神社へ見周りに行ってきました♪

賽銭箱にゴミ…と思いきや?

いきなり飛び込んできたのは、ワンカップ。。
も~ゴミは賽銭箱に入れないで下さいよ~!
と思いきや、よーく見ると封の開いていないワンカップ!!

さらに足元を見ると、、

封の開いていないワンカップが2つも!

 

どなた様かお供え(お清め?)として持ってきて下さったんですね、
ありがとうございます!!

ということで、今度は警報機の作動チェック。

世の中バチ当たりの方が稀にいるようで、
寂しい事ですが、どんつく神社にも警報機が付いております。

まずは不審者の様に中に潜入!

 

いきなり爆音で警報機作動(笑)
もちろん各所へは点検中の旨報告済みです。

自分では解除できませ~ん!

爆音の中、そして周りのお客さんの視線の中
とりあえず神社内部もチェック。

お酒…

 

どんつく祭り以来、特に不審な事はとりあえずなさそうでした!
また来年のどんつく祭りまで、この神社の出番はあまりありませんが
子孫繁栄や夫婦和合、無病息災のご利益があるとされているこの神社へ、
そして立派なご神体もとても人気がありますので、
稲取へお越しの際は是非一度足を運んで見てくださいね☆

立派なご神体がお待ちしてます!

ちなみにこのどんつく神社は「愛恋岬」と併設していて
お天気などの条件がバッチリ合うと…

海一望です☆

 

大島を始め、利島・新島などの伊豆七島が一望できる
絶景ポイントの一つでもあるんですよ~♪

6月 272010
 

本日は日曜日!
ということで、昨日フジテレビの「もしもツアーズ」で放映されました、
「港の朝市」のご紹介をしたいと思います!

お客さんでいっぱいです!

毎週土曜日と日曜日、そして祝日に開催される港の朝市。
場所は東伊豆町役場の駐車場1階で、稲取港の目の前です!
車で来てもこの付近に停められます。

朝の8時30分頃からお店の準備が始まります。

開店準備の時はお客さんはほとんどいませんね。

 

9時を過ぎるころにはほぼお店も出来あがり、
お客さんも気づくといっぱいになっています!

それでは朝市の中を簡単にご紹介します☆

やっぱり稲取キンメ!

 

金目鯛たくさん売ってます!干物、味噌漬けなど、宅配も出来ますよ。

お魚もあります!

 

金目鯛に限らず旬のお魚の開きなども売ってますよ~。

採れたてサザエも!

 

漁協も朝市に出店しているので海鮮物は揃ってますね☆

日本一の品質!

 

稲取天草は高級品。こちらも朝市で売ってます!
天草と言えば…

ところてん♪

 

黒蜜をかけて食べるのが稲取流♪

地場産の物を取り入れたお菓子

 

ホテルなどでも見かけるお土産のお菓子がこちらにも!
朝市価格があるとか無いとか…

かしゃば餅!

 

子供の節句や行事ごとには欠かせないかしゃば餅も!
かしゃば餅を作る体験ツアーもあるんですよ~♪
http://experience.inatorionsen.com/?cat=27

藤辺のパン!

稲取の人はほとんど知ってるでしょう、藤辺のパン。
ドーナツ以外にも色々売ってますよ♪

お寿司も…!

さすが港町だけにお寿司まで。。
その他おにぎりや太巻き、おいなりさんとかもありました。

惣菜、ちょっとつまむのに良いかも♪

ご飯のおとも系、懐かしい味揃ってます!

 

ニューサマーを使った商品☆

 

東伊豆特有のオレンジ「ニューサマーオレンジ」を使用した商品も
数多く朝市にありますよ♪

野菜!お買い得があるかも…

稲取しいたけ!

 

稲取はしいたけ農家もあります!
ここではしいたけのお手伝い体験もできるんですよ~
(時期によってはできません)
http://experience.inatorionsen.com/?cat=38

お花も売ってます!!

 

時期によって販売しているものが変わる事がありますのでご了承ください。
また、この撮影は夏に撮影したものですので
これからの時期にはこの様な物達が売られていると思います☆

そしてもしもツアーズでも紹介されていましたサービスがこちら…

試食コーナー!

 

サザエまで乗ってましたよ!(でも、もしかしたらサザエは有料かもです…)

そしてこのサービスも…!

キンメのあら汁~!

本当にサービスであるんです!

そして最後にこちら…!!

キンメの釜めし!!

 

これは・・・有料です。
確かだいぶリーズナブルだったと思います!

港の朝市で、地場産品のお買いものやお土産を探しながら
朝ごはん(もしくは昼ごはん)もリーズナブルに摂れますし、
午後からどこか観光へ行くならお惣菜やおにぎりなども
あるのでお弁当として持っていく事もできますね☆

お菓子やパンなどもあるので小さなお子様のおやつにも
ちょうど良いかもです!

港の朝市は稲取がぎゅっと詰まった市場です♪
地元の人も利用しているので、ローカルな雰囲気を
感じるには絶好の場所ですよ~

是非お出かけしてみてくださいね!

電車で来て、荷物がたくさんになってしまった方は・・・

宅急便をご利用下さいね☆

6月 172010
 

稲取には、かれこれ7年前?にオープンしたダイビングスポットがあります。

水槽があったりする入口♪

7年前にオープンしたダイビングスポット、というと伊豆界隈では
比較的、いやむしろかなり新しいダイビングポイントなんですね。

ダイバーさんならお分かりだと思いますが、伊豆というのは
日本ではダイビングのメッカと言っても過言ではありません。
特に稲取がある伊豆の東海岸にはダイビングポイントが連なっています。

それこそ、東伊豆町の温泉郷ごとに(あ、片瀬・白田は無いです・・)
大川、北川、熱川、そして稲取☆
東京方面へ向かえば大川の隣の赤沢、八幡野、伊豆高原、
城が崎海岸、富戸、川奈…
熱海まで続き、本当にダイビングポイントだらけなんですね~、実は。。

その中でも新しい稲取って、ある意味すごくないですか??

船!

 

ダイビング後には海を見ながら温泉の船に浸かってまったりしたり、
磯場から砂浜にかけて広がる遠浅のビーチではダイビングはもちろん、
スノーケリングも楽しめたり…
施設もキレイに保たれているので、シャワーや更衣室、トイレなんかも
気持よく使えます☆

ダイバーさんはもちろん、これからダイビングを始めようかな~と
思っている人が居たら、是非稲取のダイビングサービス
「稲取マリンスポーツセンター」をご利用してみてはいかがですか?

プライベートビーチのような感覚で楽しめると思いますよ☆

ホオジロサメがお出迎えします(笑)

楽しくて頼りになるスタッフとサメちゃんが皆さんのお越しをお待ちしております!

体験ダイビングなどもやってますので、
お気軽にお問い合わせくださいね♪

***************

稲取マリンスポーツセンター
TEL:0557-95-3532
住所稲取1965-6
年中無休

***************

3月 222010
 

「もしかしたらなるかもしれねぇなぁ…」

先日行われたリーダー会議(観光合同会社の企画班の班長会議みたいな感じですかね)
で稲取にある「千年松がパワースポットになるかもしれない」
という情報がありました。

最近ちまたでパワースポットが流行り出しているということで
役場の人からも、何か稲取にパワースポットってないかなぁ?
と聞かれていた事をふと思い出しました。

ということで!

行ってきました「千年松」♪

千年松の場所は稲取の東区にある「八幡神社」の裏山にあります。
リーダー会議で提案した花月さんも一緒に来て下さいました☆
(ちなみに花月さんは和菓子屋さんです。そのお店の名前が「花月製菓」なんです)

とりあえず、八幡さま(八幡神社の事をたいてい皆そう呼びます)の中へ。
すると花月さんがまず案内してくれたのは

何か書いてある。

千年松ではなく、境内にあるひとつの建物へ。
これから行く千年松の事が、この中に書いてあるというのです。

右の真ん中あたりをよくご覧ください。

千年も前から生えていたとの事が記してありましたよ!
だから「千年松」と呼ばれているって。
ありきたりだなぁ(笑)
でも千年前から生えてるってすごいね!
今から千年前って鎌倉時代以前ってのは確実ですね。

そんな事を話しながら道を案内してもらいました♪

ゆる~い坂です。

八幡さまを出て、すぐ右へ。
すると八幡さまの横をゆる~い坂道が上に繋がってました。

坂道を上がって行くと、春の七草が咲いてそうな
ちょっとした畑みたい(今は畑ではありません)なところを通り、
すぐに樹木で生い茂った林の中へ。

すると、

「これだよ」

どーん!

花月さんが指さす方をみると、明らかに周囲の松とは比べ物にはならないほどの
太く大きい松が目の前にそびえたっていました。

写真では分かりずらいと思いますので、私と2ショットの千年松をどうぞ☆

ここ、どこですか?

嬉しい事に、私が小さく細く見えます(笑)

相当太い!(松、ですよ)
そして相当高い!!

周りの松と比べても明らかに別格。

パワースポットかぁ。

ん~…

てか、

パワースポットって何だ?

(笑)すみません、私パワースポットの意味をあまり分かってないで
この場所へ来てしまったようです。。

パワーをもらえる場所がパワースポットですよね?

確かに、この千年松からは「生きる」事を学べるきがします。
だって千年以上この地に生えているんですもの!

この木の周りを白いロープでぐるっと一周させて、
よく神社のところに白い紙で出来たお飾りみたいな物を
飾ってあげればそれなりに「パワースポット」らしくなるかも♪

まぁ、パワースポットでなくとも稲取の新名所として
屋号町歩きツアーの中に入れてみたり、
誰でも簡単にこの千年松を見に行くように出来たら良いですね☆

あとはこの周りをちょっと整備しなくては。
千年松の「枝」がずいぶん昔に折れてしまい
それが千年松に倒れかかっているんです。

倒れているのは「枝」ですから。

「枝」って言ったって、普通の木以上に大きいです…。

これもまた自然な雰囲気で良いのですが、
人が入って見るにはちょっとジャマかも…。

でも、これを機会に山自体をキレイにしていこう
という風に考えれば良いじゃないですかねぇ!

そんな形で、この千年松。
これからどういう形で稲取温泉の新名所として登場するかは
こらっしぇのプロジェクトのメンバーで少しずつ考えていきたいと思います!

ちなみに、私今日あろうことに約5cmのヒールを履いて来てしまいました・・・

ですが!何とか無事帰ってこられましたよ♪
という事できっと(あまりおススメしませんが)女性の方、
ヒールでも千年松を見に行く事は可能です!
(でもあまりおススメはしませんよ!※2回目)
やっぱり、ちゃんとした靴(ちゃんとした靴って何だろう…?)
で行かれる事をおススメ致します(笑)

3月 032010
 

これ、何と読むか…というと

「おじんやあと」

と読みマス!

今日用事があって東伊豆町の観光協会へ行ったのですが、
その建物の横に実は史跡があるのです!
それが

「御陣屋跡」

東伊豆町の観光協会は稲取内にあるのですが、
稲取温泉観光協会から車で5分(歩くと10分位ですかね)
ふと目に付いたので写真を撮って来ました~!

けっこう大きいです。

 

東伊豆町観光協会の建物(商工会が1階なのですが)の横に
小さな公園があって、その中に御陣屋跡があるんです。

公園に史跡、普通にあります(笑)

というより、なんなの?これ??

という方へ簡単にご説明を…

まず「陣屋」というのは軍勢が駐屯して宿営するところなのですね。
まぁ、その「跡」ということなのですが(笑)

そもそも稲取の御陣屋は1843年(今から167年前!)に御陣屋となったようで、
その頃、稲取は「沼津藩」だったようです。
稲取は東海岸の領地の一つで、砲台を築いて海岸防備をしていたんですって!

稲取の砲台は、伊豆諸島が見渡せる高台に築かれて、
この時から稲取の代官宿舎は、砲台などの海岸警備に力を入れ込む
「御陣屋」に変わったそうです。

稲取の御陣屋は結構活躍したようで、
軍艦コロンバス(コロンブス、ではないようで??)、
とビンセンスっていう軍艦が江戸湾に入ってきた時は
稲取の台場に一番手兵隊を出動させられたり、

軍艦マリーナ号が下田に来航した時は
稲取の押送り船からの情報とか、
稲取台場から望遠鏡での監視情報などを
御陣屋に集めて、沼津藩に事の状況を報告したそうです。

そのおかげで沼津班はすぐさま対処が出来た、とか。。

この情報は150年以上前の話なので、
当時はもっと活躍した内容がいっぱいあったんでしょうね~。

明治になると、伊豆一帯は「韮山県」→「足柄県」→「静岡県」
と約7年の間に県の名前が3回も変わります(笑)

この時の御陣屋は役場的な存在になって、
近隣村々の行政事務を行うところになったのだそうです。

そんな史実のある、「御陣屋の跡」

といったとこでしょうか(汗)

稲取歴史文化辞典「Ina-pedia」(「イナペディア」というものがあるんですよ!)
から拾って書いたので大丈夫だとは思いますが…

歴史ロマン感じる場所ですね~!

ひっそりとある御陣屋ですが、
そんな背景を知ってから見に行くと
また違う風景に見えるかもです!

良かったら見に行ってみて下さいね♪